TOEIC試験受験勉強・体験記

2019年6月12日から勉強をスタートしました。

2019年6月12日勉強スタート

TOEIC Listening & Reading Test に向けての勉強を2019年6月12日から勉強をスタートしました。

最初に購入した本は、新TOEIC TEST 文法特急でした。

全く出来無かったので、TOEIC TEST 入門特急とれる600点を購入しました。

勉強は主に、通勤時間の電車の中です。

時間がとれた日には、自宅又は喫茶店などで勉強する事もあります。

勉強方法

勉強の方法は、まず問題は解かないで、解説や日本語訳を見ています。

それで、一応理解出来たなと思った段階で、問題を見て解答出来るか試していくようにしています。

自分は実力不足でいきなり解答しても時間の無駄です。

また、試験の日までに、出来るようになれば良いと自分に言い聞かせています。

使用している書籍は次に書いておきます。

毎日の勉強の様子は、ツイッター で確認をお願いします。

使用している書籍の感想

◆TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

一番勉強している単語集です。

内容を全て身に付けるのを目標にしています。

続きはコチラ ⇒ TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 TEX加藤

◆TOEIC TEST 入門特急とれる600点

とても勉強しやすいです。

電車の中での勉強には最適だと思います。

続きはコチラ ⇒ TOEIC TEST入門特急とれる600点 新形式対応

◆新TOEIC TEST 文法特急

文法的な説明は非常に良いと思います。

但し、単語の訳が不十分なところがあるので、電車の中の勉強では使いづらいです。

出る単特急 金のフレーズを先になる必要があります。

単語の訳は付けて頂けると、とても使いやすくなると思います。

続きはコチラ ⇒ 新TOEIC test文法特急 1駅1題

◆新TOEIC TESTパート3・4特急実力養成ドリル

休みの日に、本来ヒアリングで英単語を書き込む用の空欄に鉛筆で正解を書き込んでしまいました。

日本語訳→英文→解説→問題文→解答・解説という感じで読んで理解してから、少し時間を空けて問題を解いて正解出来るように訓練しています。

間違って新形式対応ではない古いものをブックオフで購入してしまいました。

新形式対応の問題は、今もっている物の後ろにまとめて加えらているので新形式対応当面は購入しない事にしました。

続きはコチラ ⇒ TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル

実績

実績は一か月に一度はまとめておきます。

まとめたりすして、反省したりすると振り返りが出来て良いと思います。

2019年7月

7月も終わりました。7/1から7/31の1か月のまとめをやっておきたいと思います。

◆TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズばかりやりました。やった割合に単語はあまり覚えられませんでした。8月も継続していきます。

7月は勉強時間的には、合計117時間やりました。

◆TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ:600点レベル;6回、Part1重要語;5回、730点レベル;6回、860点レベル;7回、990点レベル;9回、他;2回という努力の結果です。

反省点は覚えられないの一言に尽きます。また公式問題集も全くやっていません。

2019年7月の今後の予定

8月は暑いのであまり無理をしないようにしようと思います。

出る単特急 金のフレーズをやりながら、他の3冊の復習をしていこうと思います。

公式の問題集は8月下旬以降、気温が涼しくなってきたら取り組んでいきたいと思います。

トイックの試験はスピードがポイントになるみたいですので、単純に知識を増やす事よりも完璧な知識を素早く展開出来るところまで復習を重視していきます。

2019年6月

一応6月も終わりなので、6/12から6/30の1か月のまとめをやっておきたいと思います。

◆TOEIC TEST入門特急とれる600点:part1~part7;計3回

◆新TOEIC TEST文法特急:1章~7章;計5回⇒今後取り組むのは一旦中断。寝る前に本を開く程度で終わらせる予定

◆パート3・4特急実力養成ドリル/旧版:part3とpart4;計3回⇒文法と同様の対応。

自分的には努力したと思いますが、実力的には全く伸びを感じません。

2019年6月考えた今後の予定

TOEICの公式問題集を購入しましたが取り組むのは先送りする事にしました。

代わりに7月から単語の暗記に取り組んでいく事にします。

単語カードの作成も当面やらない事にしました。

公式の問題集は大きくて持ち歩き辛いので、家にいる時に少しは開いて中を見てみる程度にします。