TOEIC試験受験勉強・体験記

入門特急とれる600点(TOEIC L&R TEST)TEX加藤を使い本当に600点を突破することが出来ました。ただ問題を解いて終わりにするだけではない、詳しい使い方をご案内しています。

入門特急とれる600点(TOEIC L&R TEST)TEX加藤の使い方

Part1から順番に、最初は答えと解説を読んで、その後問題を8回解き、解けない問題はなくしました。

隙間時間に電車やバスなどの中でも勉強していました。

この本のお陰で600点を突破出来たととても感謝しています。

続きはコチラ ⇒ 入門特急 とれる600点 (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]

Part1

一通り終わった後にPart1の部分から音声がある文章の音読をしました。

P46のパート1 ここが狙い目10単語は日本語訳を見て英文が出てくるまで練習しました。

続きはコチラ ⇒ 入門特急 とれる600点 (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]

Part2

Part2の文章も音読し、Part2の実践テストの1から10については、P79ページにある40秒以内でこの10個の応答文を音読出来るようにするようにとのアドバイスががありました。

最初は60秒以上かかっていました。

何度も何度も繰り返し音読を重ね、やっと出来るようになりました。

それから後も、一度出来ても何度も繰り返し時間を計りながら取り組んでいます。

いつでも40秒で音読出来るようになってからは、他のTOEIC関連の音声がゆっくり感じられる程英語力が上がりました。

とてもオススメ出来る勉強方法です。

他の本をやらないで、これだけ挑戦を続けていれば良かったと本当に反省しています。

続きはコチラ ⇒ 入門特急 とれる600点 (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]

Part3

Part3については、音声と同じスピードで読めるまで音読を繰り返しました。

続きはコチラ ⇒ 入門特急 とれる600点 (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]

Part4

Part4もPart3と同様に、音声と同じスピードで読めるまで音読を繰り返しました。

但し、Part4のQuestions 7-9(P137)の文章の音声は非常に速いので、一旦飛ばしました。

同じ文章がP146のスラッシュ音読見本にあり、別のナレーターの方の音声で、先に音読しました。

このP137の音声についても、何度も挑戦を繰り返し、ナレーターと同じスピードで読めるまで練習を続けました。

一日中一つのものを読み続ける程にやりました。

出来たときはとても嬉しかったです。

続きはコチラ ⇒ 入門特急 とれる600点 (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]

Part5以降

Part5以降は問題を解き、試験の前には解き直しはしています。音読はしていない状況です。

毎日の勉強の様子は、ツイッター で確認をお願いします。

続きはコチラ ⇒ 入門特急 とれる600点 (TOEIC L&R TEST) [ TEX加藤 ]